addition(アディション)ブログ

人材派遣会社「株式会社アディション」のブログ。 求人情報、就職・転職に役立つノウハウなど、 最新情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人を感動させること

上を向いて面白く生きよう


Column2-10

人を感動させること

弊社が本年に掲げる目標として、「成功」「準備」「配慮」という3つの言葉を選びました。

「成功」とは自分基準の成功を成し遂げる一年にすること
「準備」とは日々の準備、鍛錬を継続し、有事にすぐ行動できるようにすること
「配慮」とは仲間やパートナーが最高のパフォーマンスを演じられるように細かな配慮を忘れないこと

自分と相手を感動させるような活動をしていきたい、そう願ってこのスローガンを掲げることにしました。


少し話は変わりますが、弊社は昨年秋より、ビジネスセミナーの講師として登壇する機会をいただきました。
しかし慣れない議題からか、準備や講義に四苦八苦、弊社が講義しているにも関わらず、自分自身も一緒に勉強しているかのような熱い(厚い)日々を過ごしながらも、それも今年に入りスケジュールが終了し、ホッと一息ついていたところでした。

そして先日、そのセミナーを受けていただいた方より、1通のお手紙と素敵な作品をいただきました。

一緒に学んだ時間をしっかり受け取ってくれている心温まるお手紙、
作者の澄んだ想いがしっかり宿った素敵な作品、

このセミナーに全力で取り組み、意地になって勉強し、講義を受けてくれた皆さんと向き合うことができて本当によかったと思う瞬間でした。ビジネス冥利に尽きる、そんな感じでした。

とても大きな感動を頂きました。

ご本人には当たり前の行動かもしれませんが、その当たり前がとても難しいこと。
最後の最後に、弊社が掲げるスローガンにも通じる大切なことを教わった気がします。

ビジネスの世界は決してやさしい世界ではありませんし、お金、利権、政治、感情、いろんなものが入り混じっている複雑な世界だと思います。しかしその中でも常に「上を向いて、面白く生きる人」が、そういう人こそが人に感動を与え、与えられる人になるのではないでしょうか。

あらためてここで学んだこと、弊社も活かしていきたい、
いつも支えていただいている皆様へ、感謝の気持ちを忘れず、感動を与えられる会社になるよう努力してまいります。引き続き、ご支援頂けますよう宜しくお願い致します。


落ち込んで下を向く人=面が倒れる=面倒な人
面が倒れると影で黒くなるが、逆に上を向くと明るさで白くなる=面が白い=面白い人
奈良の大本山薬師寺 僧侶の村上定運 様からお言葉を頂きました。
もし機会があればぜひ彼の説法を聞いてください。感動をいただけます。


株式会社アディション
代表取締役CEO
藤本茂夫



スポンサーサイト

Menber Column

『努力が効果をあらわすまでには時間がかかる。
 多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する。』

【ヘンリー・フォード】

効果が出るまでの時間がかかればかかるほど、挫折する可能性は高くなる。
やればやるほどに知らないこと、実践したことがないことに遭遇し負けそうになる。
けれども進む道も目指すゴールも自分で決めるものだ。
少なくとも自分が最初に見込んだ時間は、絶対に折れずに進み続けよう。

あなたが今取り組んでいる事に見込んだ時間はどのくらいですか?

株式会社アディション
取締役大阪本部 部長 
岩田 光弘

岩田

Menber Column

『感動』
感動



最近、ビジネスシーンにおける「感動」とは何なのか?に思いを馳せる
機会がありました。

『感動』・・それはお客様がサービスに「共感」し、自発的に伝え「動く」こと
なんだと思います。そのために必要なこと・・・

・普通の人が普通のこと(サービス)を一生懸命に行うこと
・お客様の期待を超える(必要以上と考える)サービスを提供すること
・お客様に奉仕することが自分の仕事と心得ること

こうした信念・スタンスをもって行動すれば、お客様はきっと応えてくれる。
「感動」とはこうして生まれるのです。
お客様は人に話すに値するサービスだと感じれば、必ず誰かに話してくれるのだと
思います。

今日もこれからも、普通のことを一生懸命に、でも“並外れたやり方”で
取り組んでいきたいと思います。

株式会社アディション
取締役本部長 仲宗根 望

自らを理解することの重要性

図1

Column2-9

自らを理解することの重要性

先日、研修講師業務の一環で登壇させて頂き、その際にアメリカの著名な投資家であり経営者であるウォーレン・エドワード・バフェット氏のお言葉を紹介しました。


『アイデアを自分で理解しているなら、他人にも理解できるように説明できるはずだ』


最近、私の尊敬する経営者の方も同様の言葉を発しており、深く共感する部分がありました。
説明が上手にできないという事は伝えたい事をまとめておらず、〝何が言いたいのかがわからない〟というネガティブなイメージしか与えないということ。

私も事業やモノ、役割を創造するのが好きな方だが、自分自身でまとまりきっていないアイデアや計画などは身内である社員、家族にすら「?」マークがついて跳ね返ってくることがある。
その結果、不安、疑問というネガティブな空気が蔓延することが多い。

一方でどのような反論意見が上がっても、自身で全体像、計画がまとまっていた場合は、理解を得ることができた上に、ワクワク感などのポジティブな空気に包まれ士気があがる。またそのように始まった事業は軌道にのることが多い。


アイデアや事業だけではなく、どのような事柄でも自らを知る、自らを理解するという行為を怠っていると人は、周りの人の理解を得られることがないということだと思います。


自らの強み、弱みをぼやかさずにしっかりと認識し、素直に向き合っていくこと。
できていそうで、できていない、「自らを理解する」ことを、再度弊社でも問いかけてみようと思います。

株式会社アディション
代表取締役CEO
藤本茂夫



Menber Column - 5

Menber Column - 5

『人類の歴史の中で本当に強い人間などいない。
いるのは弱さに甘んじている人間と、
強くなろうと努力している人間だけだ。』

By本田宗一郎

自分がどうなりたいかを常に考えて、
それに向けて努力しなければ何も変わらない。
なりたいと思っているだけでは、それが叶うことはない。
日々少しずつでもそれに近づけるように、意識し続けよう。

あなたは今より成長する為に、日々どんなことを続けていますか?

取締役
大阪本部部長
岩田光弘
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。