FC2ブログ

addition(アディション)ブログ

人材派遣会社「株式会社アディション」のブログ。 求人情報、就職・転職に役立つノウハウなど、 最新情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志望動機について

就職活動の面接で必ず尋ねられる「志望動機」は、
就活の成否を左右するといっても過言ではありません。
そこで、今回は、就職活動の志望動機で気を付けたい3つのことについて解説します。

その1:好きなだけでは不十分
よくある志望動機として、
「その企業のサービスや商品が好きだから」というのがあります。
確かに、志望動機を考える出発点として、「サービスや商品が好き」というのはいいかもしれません。
でも、そこで終わってしまうと、志望動機としては物足りません。
企業が欲しいのは、その会社で働く人間。
つまり、サービスや商品を生産する側です。
ところが、「サービスや商品が好き」というだけでは、消費者の域を脱していないということになります。
志望動機というのは、
「自分がその企業で何ができるか、何をしたいのか」という生産者の視点に立って考えなければなりません。
いかにその企業の商品やサービスが素晴らしいかについて熱弁をふるっても、
面接官の心を動かすことはできないでしょう。

その2:その企業でしかできないこと

前述のように、「自分がその企業で何ができるか、何をしたいのか」というのが志望動機の基本です。
「何をしたいのか(希望)」というのは、「何ができるのか(能力)」よりも、考えつきやすいようにも思えます。
しかし、「何をしたいのか」こそ、よくよく突き詰めなければなりません。
というのは、自分のやりたいことが、「その企業でしかできないこと」でなければならないからです。
例えば、Aビールを志望している方なら、「ビールの開発をしたい」だけではダメなのです。
ビール会社のなかでも、なぜAビールなのか?
BビールやCビールではなく、Aビールでなければならない理由を考えましょう。
同業他社を否定するような消極的理由ではなく、
その会社でなければならないという積極的理由が必要です。

その3:何度も何度も練り直す
多くの就活マニュアル本にも書かれているように、
志望動機は本当に重要です。キャリア実績のない学生さんなら、なおさらです。
想定質問を100問こなすよりも、
志望動機を100回錬り直したほうがよほど有益であるとすらいえるでしょう。
ただ、自分で自分の志望動機の粗はなかなか気づきにくいもの。
そこで、志望動機を考えたら、
周囲の人に突っ込みどころがないかどうか何度もチェックしてもらうようにしましょう
スポンサーサイト

就職活動時の電話の注意点

就活では、企業に電話をかける機会が多くなります。

採用に関するちょっとした問い合わせで、
企業に電話をかける場合も面接しているのと同じと考えておいた方が良いでしょう。
ですので、就活における企業へ電話は、しっかりとしたマナーが求められるのです。

就活で企業に電話をする場合は、まず時間帯に配慮するようにしましょう。
企業は、時間帯によって忙しいタイミングがあるので、
その時間を避けて電話をかけるのが就活のマナーです。
始業直後や休憩時間、終業間際は立て込んでいることが多いので、
対応しづらいことが多いのです。

また、企業は仕事を行う上で、電話が多く使われています。
忙しい中で電話に出て貰っていることをしっかり理解しておかなければなりません。
かかってくる電話は、就活者だけではないので、
話す内容を事前にまとめておくとスムーズではないでしょうか。
相手が電話に出たら、学校名から始めてはっきりと名乗ります。
そして、手短かに用件を伝えて採用担当者に代わってもらうようにしましょう。
その際には、「ご担当者様はいらっしゃいますでしょうか」などと話すことが大切です。
企業の中には、就活者のために採用専用の電話を設けている場合もありますが、
ほとんどは代表の電話にかけることになります。
採用担当の人に取り次がなければならないので、
何の目的で電話しているのかを明確に伝えなければなりません。
資料請求だけでまだ就職する意思がない場合でも、
マナーを守った電話のかけ方が要求されるのです。

就職活動時のメールの注意点

企業に送るメールに関しては、マナーの遵守が要求されるので、
しっかりと把握しておかなければなりません。

就活で企業にメールを送る機会として、
会社説明会の御礼状や資料請求をする時などがあります。
メールは、入社後にも良く使うものなので、
いかに優れた文面であるかをチェックしている企業も多くあるようです。
ですので、たとえ資料請求の段階でもマナーに配慮したメールを送る必要があるでしょう。

就活でのメール作成で意外と忘れがちなのが件名への入力です。
何も入力せずに送ってしまうのは論外ですが、
どのような内容かがひと目で分かるような件名でなければなりません。
友人同士では、件名がなくても何の問題もありませんが、
企業側に失礼のないように簡潔なものを書いておくようにしましょう。

また、就活のメールで意外と多いのが顔文字を使うケースです。
これは、就活において非常識なことで知られていますが、
いつもの癖で入力してしまう人もいるようです。
そして、なるべく特殊文字を使わないことも大切です。
メールの場合は、自分が読める特殊文字であっても、受信側で読めないことが多くあります。
これは、半角カタカナでも同じことが言えるので使わないようにしましょう。

メールを企業に送る前は、正しい文章が使われているかもチェックしておくことが大切です。
できれば、自分以外の人でチェックできる人がいれば頼んでみると良いでしょう。

「姿勢」が第一印象を左右する

就職活動でも、ビジネスでも、また日常生活においても第一印象は大事な項目の一つです。
第一印象で全てが決まると言っても過言ではありません。

第一印象は「姿勢」ひとつで大きく変わります。
やる気、自信、明るさ。
凛と伸びた背筋や美しい所作が与えるイメージの力は大きいと言われます。
長時間、パソコンで仕事をしたり、重い荷物を持ち歩いたりすることで、姿勢が崩れてしまう人が多いです。

(1)スーツを着るとしわが寄る
(2)シャツの裾がズボンやスカートからはみ出る
(3)襟が抜ける
(4)ベルトが回る
(5)靴のかかとが早くすり減る

といったことがあれば、姿勢が悪くなっている可能性が大きいといえます。
姿勢が悪いと老けて見えるだけでなく、下腹が出るなど体形も崩れがちになります。
筋肉が老化し、首、肩、腰に慢性的な凝りを抱える人も多いです。

「たかが姿勢」と侮れない!
姿勢をよくするため、まずは基本となる立ち姿を確認しよう。
横から見たとき、耳、肩、腰骨の外側、外側のくるぶしの4点が一直線に並ぶようにします。
「余分な力は抜く。身体を柔らかくし、まっすぐに立とう。真珠の首飾りをイメージするといい」と言われます。

凜とした姿勢は見た目に美しいばかりではなく、自分の気持ちも晴れ晴れと前向きにしてくれます。
仕事に気が乗らないとき、何となく落ち込んだときは、まず姿勢からしゃんと立て直してみたいものです。

最近の就職活動にヒトコト

数々の新卒採用に携わる中で感じること。

今は就職支援サイトがあり、学生にとっては便利になっているようですが…。
インターネットで簡単にエントリーでき、また同じ業種が自動的にリストアップされる。
一般的な就活生は50社を目途にエントリーをしているとの事だそうですが、
エントリーは多いから良いというものでもありません。
たくさんの情報に振り回されて迷ってしまったり、
企業説明会に出向くことだけで、就職活動をしていると思い込んでしまったりする危険性もあります。

またインターネットが普及する前に比べると業界・企業の研究がやり易くなっているにもかかわらず
研究が浅いまま活動している学生が多いように思えます。
実際企業のことは説明会で聞かなくても調べることはでます。
ほとんどの場合、企業説明会から選考は始まっているのですが、
参加する学生はとりあえず聞いてみてから考えようといった感じですね。

活動初期はそれでいいのかもしれませんが、中盤になってもそういう学生をよく見かけました。
おそらく早期に内定をもらっている学生は事前の準備が違うのでしょう。

ビジネスマンとしての基本行動ができる学生。
今、企業が求める人材は実際ここである。
情報収集のハードルが下がっている分、求められる人材のハードルは上がっているのが現状です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。