FC2ブログ

addition(アディション)ブログ

人材派遣会社「株式会社アディション」のブログ。 求人情報、就職・転職に役立つノウハウなど、 最新情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客様主義

449171945_2f0b94f561.jpg

知り合いから聞いた話ですが、

ラーメン屋で夕食をとっていた時、隣に座った女性が変わった注文をしていたとの事。


麺かため

油少なめ

味薄め


っと。

それはすでにこのお店のラーメンではないのでは・・・っと心の中でツッコミつつも、

店員さんは爽やかに了解していたようです。


味にプライドをもっている料理人さんであれば、
「江戸っ子」という言葉で想像できるような
突っぱねた態度をとる事だってありそうなもんだが...


この話がお客様主義という言葉に直結するかはわからないですが、

そもそも女性一人でラーメン屋さんのカウンターに座る事は少ないと思われる中で、

こういったサービスはその女性にとってプライオリティとなるんでしょうね。


商品にプライドを持つこともとても大事、

そしてお客様の個性を尊重し柔軟に対応する事も大事、

当社もこのバランスをもって日々の業務に励んでいきたい。


スポンサーサイト

【コラム⑮】頑張れ栗山・高梨・そして・・

私の机には2012年プレシャーの中で結果を期待されている2名の写真が貼ってある。
今年度、日本ハムに就任した栗山監督と女子ジャンプの高梨沙羅選手だ。
くりやま

新たに会社を起こした自分と重ねて「今年を一緒に頑張ろう」という気持で影ながら応援を続けてきた。
栗山監督は、これまでプロ野球のコーチ、監督経験がなく不安の声がある中でエース、ダルビッシュが抜けた
球団を率いてチームを優勝に導いた。 
少々マニアックな話になるが今年の日ハムと栗山監督には学ぶ点が多かった為、
一部をご紹介すると監督編は

・開幕に未知数の斉藤祐樹を起用し勝利。チームに勢いをつけスタートダッシュに成功!
・打撃に安定感を欠く中田 翔を我慢に我慢を重ね使い続け、真の4番打者に成長させた!
・新たな投手起用で若手にチャンスを与え、みごとにダルビッシュの穴をうめた!

となる。 
固定概念に捕らわれない視野と選手起用への意思。何より決断力が感じられた。 
球団編では、なんと言っても今回、ドラフトで大リーグを志望していた
岩手花巻高校の大谷選手を指名した点だろう。 
若くして大リーグに挑むリスクを適切に伝え、栗山監督の後押しの良さなどが記事になっているが、
私が感心している点は

・ここ数年、どんなにリスクがあっても、その年の一番よい選手を指名するという姿勢を貫いている!
・ダルビッシュで証明されるように大リーグへの希望をかなえる、約束を守れる球団であること!
・外野手の糸井は投手スタートだった。彼を数年で一流の選手に育てている実績が投手、打者に可能性のある大谷 選手に安心感を与えている!

などなど、球団の組織力、信頼できる一貫性が実績から感じとれる事にある。
今年の栗山監督、日ハムには、よい勉強をさせてもらったと頭が下がる思いである。

一方、高梨沙羅選手は今週のワールドカップで、すでに2勝目をあげて今期の個人総合トップを走っている。
高校生アスリートとして、これから体型の変化やオリンピックへのプレシャーに
立ち向かって行かなければならないのだが、彼女の強靭な意志は学業も反映されている。
今年、高校入学わずか4か月で高校卒業程度認定試験に合格したのだ。
そのために1日、10時間勉強し「勉強に余裕が生まれれば、不安なくジャンプに専念できる」と、
通学時間や休み時間など空いている時間をすべて勉強に充てたという。
本気で目指すとは、そうゆう物だと教えられ、こちらでも深く頭が下がるのであった。
今朝も机から二人が語りかけてくる。
「お前は何処まで本気なのか、お前の全力とはそんな程度なのか、自分の道を貫いているのか」
・・・「はい頑張ります」 
すくなくともマインドだけは2人に負けないように!
代表取締役CEO 糠塚 淳

考える努力

fc2e29178ad98ed9fe210aa53ba401ad.jpg

最近はありがたい事に新しいビジネスの話を頂く機会が多くなった。

少しずつ当社が社会に認められている証拠ではあり感謝にしています。

一方でその期待に応える為に、たくさんの課題を考える時間が多くなった。

正直な感想を言うと、考える時間は本当に疲れる。
疲れると良いアイデアは出てこない。
アイデアがないと業務はスムーズに進まない。

いつもこのサイクルを良化させる為にセルフコントロールしている自分がいます。

そしてこの考える「努力」こそが極めて重要な事だと思います。


しかしこういう事例もあります。

手帳やノートを綺麗にとるばかりで見直さない
難関資格を次々とるばかりで活かさない
根性論だけで飛び込み一辺倒の営業マン
次から次に本を熟読するがアウトプットしていない

この内容を見て「努力」していると思う人は少ないでしょう。
ある人はこれをただの「作業」と切り捨てました。

しかし同じ内容でも目標や目的を考えて実践していれば、
このようなネガティブな表現になりません。

なぜ手帳を綺麗にとるのか、そして活かしていくのか。
次の資格を何に活かしていくのか?
飛び込みの中に効率的な営業手法も見つけたい。
本から得た知識等を活かす場所を探したい


考えること


とても疲れることではあるが、これをなくして努力と呼べることは少ない。


本当に努力していますか?


リーダー

本当の~1

例えば好まない業務

例えば好まない環境

例えば好まないビジネスパートナー


どのような困難でも状況に逃げず立ち向かう勇気と覚悟、

どのような困難でも大切なものを守り続ける想い、

それらを持っている人がリーダーになる人の条件だと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。